登記簿謄本 原本と写し

公的文書の意味と使い方

 

 

原本・写し・謄本・抄本・正本・副本と様々な文書がありますが、
それぞれの意味や使い方等を下記に分かりやすく記載していきます。

原本とは

原本とは

全ての文書において、名義人が作成したオリジナルの文書の事を言います。

一定の内容を表示する為に確定的なものとして作成された、「公正証書原本」(謄本・抄本の基となるもの)です。

言い換えれば、この世に一つしかないものと言っても過言ではありません。

 

但し、取引に関する契約書等で、当事者間で同一内容のものを2通作成した場合には、原本が2通存在する為、必ずしも1通のみとは限りません。

 

つまり、印鑑を押したものであれば、朱肉の赤い色がついた文書が原本という事になります。

 

写しとは

写しとは

一般的には、複製したもの(コピー)の事を言います。

原本に基づいて作成され、原本の記載内容を有する文書ですが、単に「写し(個人が適宜コピーしたもの)」という場合には、「認証のない謄本」と同じ意味になります。

 

通常の契約書では、原本とその写しの2種類があります。写しといっても、昔と違い最近のコピー機は複写機能が優れており、

また精度が非常に高く原本とそっくりに複写出来てしまう為、写しが存在すれば、原本の存在が相当な蓋然性をもって示すことが出来ます。

 

(※住民票の場合には、認証のついている文書(謄本)を「住民票の写し」と呼ぶ事もありますので、注意が必要です。)

謄本とは

謄本とは

謄本とは、公証権限のある方(登記官や公務員等)が原本の内容と“完全に同一”という事を認証した書面で、原本の内容を全て写して作ったものを言い、「認証ある謄本」という事になります。

 

例えば、不動産登記簿謄本(登記事項証明書)、戸籍謄本などがあります。これらの原本は法務局、市役所にあるため、内容全部の写し(謄本)が交付されることになります。 

 

原本を外部に持ち出すことはできないので、法務局で写しを作成し、「原本と同じ内容です」と証明してもらっているという事です。

 

謄本と妙本の違い

抄本は謄本の一種になります。原本の内容の“一部のみ”を写して作ったものを抄本と言います。

公証権限のある方が、この写しは原本の一部の内容と同一と認めた文書を指します。

 

つまり、謄本と抄本は、全て丸ごと書き写したのか、一部だけ書き写したのかという違いになります。

 

また、謄本の「謄」という漢字には「原本をそのまま書き写す」という意味があり、抄本の「抄」には「長い文章の一部だけを抜き取る」という意味があります。

漢字の意味を覚えておく事で、謄本と抄本がどちらだったかを迷うことはありません。

正本とは

正本とは

正本は謄本の一種で、公証権限のある方によって作成され、原本と同一の効力を持ちます。

 

原本と同じ効力を持ち、尚且つ謄本でもある為、何通でも作成する事が可能です。

 

あえて皆様が周知しているもので例えると、裁判での判決があります。

判決正本がこれにあたり、原本が紛失すると大変なので、原本と同じ効力をもつ正本を作成し、強制執行などに利用します。

正本と副本の違い

副本とは

副本も原本の写しの為、内容的な違いはありませんが、正式には“正本の写し”となります。内容元が原本ではなく正本の為、正本のように謄本の一種という位置づけとは異なります。

 

正本は原本を元に作成しているのに対し、副本は正本を元に作成される為、失った場合でも、副本なら大丈夫です。

 

正本と副本は同じ内容のものを複数作成する場合に用いられる事がほとんどの為、対になっているパターンが多いです。

正本を提出した場合は、副本は予備や控えになります。

 

まとめ

簡単にまとめると、以下の様になります。

 

原本・・・唯一無二のオリジナル文書の事

写し・・・原本を複製(コピー)したもの

謄本・・・原本の内容の全てを写したもので、公証権限のある方が認めた文書の事

抄本・・・原本の内容の一部を写したもので、公証権限のある方が認めた文書の事

正本・・・謄本の一種で、原本と同じ効力を持ち、謄本の様に何通も作成出来る文書の事

副本・・・正本の写しの事で、予備や控えとして用いられるもの

 

利用シーン

公的な取引やビジネス等の契約で使われる公的文書を出来る限り、分かりやすくまとめてみました。

それぞれの使われるシーンの中で、コピーで良いのか原本なのか?分からない時があります。
代表的ですが使い方を下記に記載してみます。

原本・・・契約を行う時や(複数枚ある可能性あり)融資を申し込む時等
写し・・・不動産鑑定や自分の資産を証明する時や融資を申し込む時等
     (近年では少数ではありますが、融資の申し込みや審査においても
      写しでも可能な銀行さんもあります。)

この様な意味を理解しておく事で、物事がスムーズに進む場合もあるかと思います。皆様のお役に立てる事が出来れば幸いです。

登記簿謄本は、ご存じの通り、住宅ローンの減税の申請や不動産を売買する際に必要な書類です。

 

つまり、不動産の公的な身分証としての性質があります。

これとよく混同されてしまうものとして、インターネット登記情報提供サービスが発行している不動産登記情報があります。

 

弊社では、説明の中でも登場した「登記簿謄本(登記事項説明書)」の取得代行を行っております。

エリア・物件種類(ビルやマンション等)を指定頂くだけで、御社に沿ったリスト作成も可能です。

無料相談も行っているので、是非お気軽にお問合せ下さい。

登記のリスト化に時間を割いていませんか?

  • ご希望のエリアと該当の登記目的をご指定するだけで、所有者のリスト・謄本をご納品できます。
  • 地番と住所のマッチング業務
  • 登記の一括取得及びExcel化
  • 取得した謄本の地図プロット

登記情報からDMや営業活動をする業者様に多くご利用頂いております

これから取り組もうと考えている方は勿論!現状の業務フロー改善のご相談もお待ちしております!

謄本のPDFは同時にExcelにも変換されるので、転記の手間も省けます。

早く・簡単に!謄本取得・解析が可能!

当社のサービスやソリューションにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

<当サイトの情報の正確性について>
当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。また合法性や安全性なども保証しません。
<損害等の責任について>
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
また当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任も負いません。
当サイトの保守、火災、停電、その他の自然災害、ウィルスや第三者の妨害等行為による不可抗力によって、当サイトによるサービスが停止したことに起因して利用者に生じた損害についても、何ら責任を負うものではありません。
<当サイトで掲載している画像の著作権や肖像権等について>
当サイトで掲載している画像の著作権や肖像権等は、各権利所有者に帰属します。万が一問題がある場合は、お問い合わせよりご連絡いただけますよう宜しくお願い致します。
<無断転載の禁止について>
当サイトに存在する、文章や画像、動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。引用の範囲を超えるものについては、法的処置を行います。転載する際には、お問い合わせよりご連絡いただけますよう宜しくお願い致します。

SERVICES

登記簿を一括取得したり、謄本をPDF→Excelに一瞬で。住居表示からの取得や地図との連携 地番⇔住所の連携 公図の取得削減にも

登記簿を取得すると、所有者がほかにどんな不動産を持っているかが分かる!

見張りをかけた、不動産登記に、登記の移転(変動)があったときにお知らせ 商業・法人登記版はこちら

手元にある謄本が、最新かどうかわからない・・・そんな時謄本チェッカーなら最新かどうか判定

空き地やアパート・ビル、マンションの所有者リストを、エリアや築年数・階数などの条件を入力するだけ簡単作成 登記情報からDMや営業活動をする業業様に多くご利用頂いております。