商業・法人登記の取得方法

商業・法人登記の取得方法

・法務局に出向いて窓口でお願いする

・法務局のインターネットサービスである「登記情報提供サービス」を利用する

・インターネットサービス「不動産レーダー」を利用して取得する

 

インターネットサービスで取得できる謄本はPDFファイルで「写し」と言われるものです。末尾に印鑑は無く、写しではなく原本が必要な場合は法務局に出向いて窓口で取得する必要があります。

業務の用途に合わせて、PDF(写し)か原本を選択していく必要があります。

区分 「商業」「法人」の違いは?

インターネットサービスで取得する際に「商業」・「法人」を選択する欄があります。

※デフォルトが商業及び法人の双方を対応となっているため、あまり気にされた方はいらっしゃらないと思います。

 

商業 → 株式会社、合同会社、有限会社など

法人 → 医療法人、財団法人、一般社団法人

 

という切り分けなっております。わずかな差かもしれませんが、サーバーが込み合っている(多くの人が利用しているときなど)は、検索負荷が少なくなるので、商業か法人どちらかだけをチェックした方が検索結果の表示が少し速くなるかもしれません。

商業・法人登記に記載されている内容

項目

会社法人等番号/商号/本店/公告をする方法/会社設立の年月日/目的/発行可能株式総数、/発行済株式の総数並びに種類及び数/資本金の額/株式の譲渡制限に関する規定/役員に関する事項/取締役会設置会社に関する事項/監査役設置会社に関する事項/登記記録に関する事項

 

会社の移転や、社名、役員の変更なども履歴として記載されています。

 

商業・法人登記簿に記載されている内容は、ホームページや会社概要など表層的な情報には載っていない情報が記載されています。何かの手続き上必要だから何となく取っている方が多いと思いますが、実は商業・法人登記簿をもとに様々な調査が行われています。

こんな悩みありませんか?

  • 登記移転(登記の変更)があった場合取りなおしが必要なので、定期的に商業登記を取得していてコストがバカにならない
  • 代理店が登記移転(登記の変更)をしても連絡をくれない
  • 担当者毎に謄本を取るため重複取得が結構多い
  • 謄本PDFをデータベースやExcelに写す作業が非常に手間
  • 商業法人登記を大量に購入するときに1件づつ入力するのが面倒

上記のお悩みを解決している多くの業者様がいらっしゃいます。

solution1

登記の移転である「登記事件中(登記の変更手続き中」を探知するサービスがあります。これにより、定期的に謄本を取り直さなかったり連絡のくれない代理店に悩まされることが無くなります。

solution2

商業・法人登記をライブラリ化し、重複取得の解決やPDFを瞬時にExcel、商業法人登記の一括購入を可能にしたものが

当社のサービスやソリューションにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

<当サイトの情報の正確性について>
当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。また合法性や安全性なども保証しません。
<損害等の責任について>
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
また当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任も負いません。
当サイトの保守、火災、停電、その他の自然災害、ウィルスや第三者の妨害等行為による不可抗力によって、当サイトによるサービスが停止したことに起因して利用者に生じた損害についても、何ら責任を負うものではありません。
<当サイトで掲載している画像の著作権や肖像権等について>
当サイトで掲載している画像の著作権や肖像権等は、各権利所有者に帰属します。万が一問題がある場合は、お問い合わせよりご連絡いただけますよう宜しくお願い致します。
<無断転載の禁止について>
当サイトに存在する、文章や画像、動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。引用の範囲を超えるものについては、法的処置を行います。転載する際には、お問い合わせよりご連絡いただけますよう宜しくお願い致します。

SERVICES

登記簿を一括取得したり、謄本をPDF→Excelに一瞬で。住居表示からの取得や地図との連携 地番⇔住所の連携 公図の取得削減にも

登記簿を取得すると、所有者がほかにどんな不動産を持っているかが分かる!

見張りをかけた、不動産登記に、登記の移転(変動)があったときにお知らせ 商業・法人登記版はこちら

手元にある謄本が、最新かどうかわからない・・・そんな時謄本チェッカーなら最新かどうか判定

空き地やアパート・ビル、マンションの所有者リストを、エリアや築年数・階数などの条件を入力するだけ簡単作成 登記情報からDMや営業活動をする業業様に多くご利用頂いております。