不動産閉鎖登記とは

不動産閉鎖登記とは

不動産の過去の情報を調べるためには登記簿を確認する必要があります。

登記簿に掲載されていない不動産情報を調べたい時は、閉鎖登記簿から情報を得ることが可能です。

 

下記のような場合、登記簿は閉鎖登記になります。

建物:取り壊されて滅失した時焼失や流失の際。

土地:合筆や区画整理によって地番がなくなった場合

不動産登記簿のデーター化:磁気ディスクの登記簿に置き換えられるに伴い従来の紙の登記簿が閉鎖される。

 

注意しなければならないのは、閉鎖登記簿には保存期間が定められています。

土地:50年間

建物:30年間

昭和63年7月1日以前に閉鎖された土地・建物

 

希望すれば、閉鎖登記簿の閲覧や謄本の交付を受けることも出来ます。

 

閉鎖登記簿はどんな時に利用するのか

一番は購入しようとしている土地が、過去にどのような使われ方をしてきたのか、調べることが可能となります。

 

建物を建てることにより以前の地目を知ることはとても重要です。

売買契約後に、地目に関するトラブルが発生しても媒介業者に対し、責任を問うことはとても困難です。

よりよい売買契約を交わすためにもトラブルを回避する為にも、事前に情報をキャッチしリスク低減にするため

閉鎖謄本を取得し調べることをお勧めします。

 

登記情報からDMや営業活動をする業者様に多くご利用頂いております

これから取り組もうと考えている方は勿論!現状の業務フロー改善のご相談もお待ちしております!

謄本のPDFは同時にExcelにも変換されるので、転記の手間も省けます。

不動産所有者リストナビ なら 簡単に不動産登記受付帳の登記簿が取得・解析できます

当社のサービスやソリューションにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

<当サイトの情報の正確性について>
当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。また合法性や安全性なども保証しません。
<損害等の責任について>
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
また当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任も負いません。
当サイトの保守、火災、停電、その他の自然災害、ウィルスや第三者の妨害等行為による不可抗力によって、当サイトによるサービスが停止したことに起因して利用者に生じた損害についても、何ら責任を負うものではありません。
<当サイトで掲載している画像の著作権や肖像権等について>
当サイトで掲載している画像の著作権や肖像権等は、各権利所有者に帰属します。万が一問題がある場合は、お問い合わせよりご連絡いただけますよう宜しくお願い致します。
<無断転載の禁止について>
当サイトに存在する、文章や画像、動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。引用の範囲を超えるものについては、法的処置を行います。転載する際には、お問い合わせよりご連絡いただけますよう宜しくお願い致します。

SERVICES

登記簿を一括取得したり、謄本をPDF→Excelに一瞬で。住居表示からの取得や地図との連携 地番⇔住所の連携 公図の取得削減にも

登記簿を取得すると、所有者がほかにどんな不動産を持っているかが分かる!

見張りをかけた、不動産登記に、登記の移転(変動)があったときにお知らせ 商業・法人登記版はこちら

手元にある謄本が、最新かどうかわからない・・・そんな時謄本チェッカーなら最新かどうか判定

空き地やアパート・ビル、マンションの所有者リストを、エリアや築年数・階数などの条件を入力するだけ簡単作成 登記情報からDMや営業活動をする業業様に多くご利用頂いております。