2017年6月29日

登記情報活用例

DM用のリストを安価に効率よく作成

不動産レーダーのオプションサービスに「物件調査から登記取得依頼」というサービスがあります。
こちらを活用することで分譲マンションの所有者やアパート・1棟マンション
空き地のオーナーの情報を登記簿謄本からエクセルのリストを作成し、
すぐにDM用のリストとしてご利用頂けます。

土地活用


地主情報を効率よく収集

アパートやパーキングなどの土地活用の見込み客を効率よく。登記の情報から収集することが可能です。
また日々の取得している謄本が自動でデータベース化されるため取得済みの謄本から見込み客を発掘したり、
見張りをかけることも可能です。

不動産業全般


相続情報から効率の良い物件仕入れ

不動産レーダーのオプションサービスに「変化情報から登記取得依頼」というサービスがあります。
お好きな区市町村の相続や差押えといった登記移動情報を見ながら謄本が取得できます。
社員1名の不動産会社から大手不動産業者まで幅広く活用頂いております。

銀行・信用金庫①


登記周りの経費削減・データベース化

不動産レーダーでは謄本を地番からだけでなく、住居表示からも取得できるため
地番や家屋番号を調べる手間が大幅に削減できます。
大量に謄本を取得するときも一括購入機能があり入力の手間を大幅削減。
取得した登記は自動でエクセル化され、登記情報も保管。予算管理等も楽に行えます。

銀行・信用金庫②


ローン借り換えのリストを効率よく作成

不動産レーダーのオプションサービスに「変化情報から登記取得依頼」というサービスがあります。
最新のものだけでなく、過去にもの依頼可能です。
例えば金利の高かった2008年や2009年の抵当権設定情報から登記を取得し効率の良い借換リストの
作成が可能。

銀行・信用金庫③


取得済謄本の再利用で借換リストを作成

過去に取得済みの謄本を、当社でエクセルデータに変換します。
金利や債務者がリスト化できるため、過去取得済みの謄本を使って登記簿謄本の原本代金を掛けずに安価に借換用のリストが作成できます。

証券会社


富裕層のリストを登記情報から作成

不動産レーダーの各種サービスをうまく組み合わせることで、登記情報から、
富裕層である可能性の高い方を様々な検索軸から発掘しご提供することが可能です。

士業


還付請求の見込み客を登記情報から発掘

不動産レーダーのオプションサービスに「変化情報から登記取得依頼」というサービスがあります。
ここから、相続税の支払い対象者を予測することが可能です。

その他


お手持ちの情報を登記情報に紐づけて営業・販促のリストに

お手持ちの住居表示のリスト(例えばホテル名とホテルの住所)を住所から地番や家屋番号を
調べ所有者のリストを作成することができます。
その他不動産・登記・金融関連に関するご相談を数多く解決してきました。