2017年7月3日

見張りを掛けた地番や家屋番号に登記の変化(申請)が入ると即日お知らせ

どんなサービスなのか


見張りたい「地番・家屋番号」を指定するだけ簡単

謄本を取得しなくても、地番と家屋番号だけがわかれば即日見張りをかけることができます。
登記に変動(申請)があるとすぐにお知らせします。

経費削減に


登記変動のあったところのみ取り直し、謄本再取得件数の削減

「あそこは売りにでるらしい」こんな情報が出ると、毎週謄本を取ることも。
そんなとき毎週取得のコストよりはるかに安価に済みます。
また、謄本の再取得を定期的に行っている業者では見張りをかけ、変動の
あったところのみ取得することで大幅なコストカットが実現。

リスクヘッジに


引き渡しまでの間などに見張りを掛けて保険代わりに

引き渡しの間までに見張りをかけ、念のための保険代わりに活用している例があります。
また、この物件の所有者は少し不安定だという場合に見張りをかけ、差押などを
いち早く察知に成功している業者もいます。

営業活動


狙っている土地や建物のオーナーチェンジをいち早く知るために

大地主や、ピンポイントで狙っている物件に見張りをかけ登記変動があればすぐに。
また、他社で成約済みの物件も知ることができるため、営業の無駄足が少なくなります。

マーケティングに


都心部のマンションは毎月これだけ売買されている!

新たな取り組みをしたいとき、どれくらい不動産が動いているのかをマーケティングしたい。
そんなとき謄本を全部上げていたらコスト・手間が非常にかかりますが、パトロールなら安価に
実現できます。